冰讃 ピンザン@台湾

紅豆雪花冰 冰讃 ピンザン
スポンサードリンク

台湾って、本当においしいものがたくさんありますね。

友人に誘われて、はじめて台湾に行ったのですが、おいしいものを食べた思い出ばかりがあるんです。

そして、当然ですが台湾でもカフェに行ってきましたよ。

一度食べたらやみつきの台湾式かき氷は食べる価値あり

看板 冰讃 ピンザン

伺ったのは、台北にある冰讃(ピンザン)さんです。

今、日本でも話題になっている台湾かき氷が食べられるお店です。

地下鉄の雙連駅から歩いてすぐのところにあります。

青地に黄色い文字で、冰讃と書かれた看板が見えてくるので、すぐに見つけられると思いますよ。

外観 冰讃 ピンザン

お店のつくりは、決してオシャレな感じではないですね。

大衆食堂を思わせるような空間なのです。

台湾ではこういったつくりのお店は珍しくないようですね。

店内 冰讃 ピンザン

お客さんは、地元の人が多いのですが、日本人を含めた観光客もたくさん訪れるお店です。

紅豆雪花冰と雙拼水果雪花冰の2品を頼んでみました。

雙拼水果雪花冰 マンゴーかき氷 冰讃 ピンザン

紅豆雪花冰は、小豆がのったカキ氷です。

雙拼水果雪花冰には、本当はマンゴーとスイカがのっているんです。

でも、伺ったときはスイカがなくなってしまったようで、代わりにキウイがトッピングされていました。

雙拼水果雪花冰 マンゴーかき氷 冰讃 ピンザン

カキ氷のことは詳しくないですが、今まで食べたカキ氷の中でナンバーワンかもしれないです。

おいしさの秘密は、カキ氷の作り方にあるのでしょうね。

雪花冰(シェーファーピン)という、練乳を入れた氷を使っているので、氷自体が甘いんです。

紅豆雪花冰 冰讃 ピンザン

ふわふわの氷の食感は癖になりますね。

しかも、マンゴーもキウイも熟れていておいしいんですよね。

キウイに関しては、酸味がほとんどなかったように思えます。

全体的に甘いのですが、甘くてもくどさがなく、ひとりでひとつでも平気で食べられるような気がします。

また、台北に旅行に来たら立ち寄りたいですね。

他のメニューも試してみたくなります。

外観 冰讃 ピンザン
紅豆雪花冰 70元 / 雙拼水果雪花冰 140元

 

Cafe Map
住所:台湾台北市大同区双連街2号
MRT淡水線雙連駅 徒歩2分
TEL:(+886) 0225506769
営業時間: 11:00~22:30
※4月中旬~10月頃までのシーズン限定営業
※閉店時間が夕方になることあり
休み:シーズンオフは長期休業
喫煙・禁煙:全席禁煙

 

スポンサードリンク
紅豆雪花冰 冰讃 ピンザン