台湾の屋台スイーツが食べられる谷中の「愛玉子 オーギョーチィ」

谷中界隈を散策して、おいしいカフェに行こうと気合いをいれていたのですが…。見事に行きたいお店がお休みだったのです。

谷根千(谷中・根津・千駄木)は、どうやら火曜日がお休みのカフェが多いみたいですね。

創業80年以上の谷中の老舗喫茶店に行ってきました

愛玉子 店内

どうしようかと思案していたところ、視界に「愛玉子」の看板が目に入ったのです。しかも、営業中と書いてあるではないですか。勇気を振り絞って中に入りましたよ。

入ったときは、怖々と入ったのですが…。こちらのお店、なんと超有名な老舗の喫茶店だったんです!池波正太郎などの文豪たちも通った創業80年以上の老舗店でした!!

愛玉子(オーギョーチィ)って何!?

愛玉子 オーギョーチィ

愛玉子ってそもそも何!?って思う方多いですよね。愛玉子と書いて、オーギョーチィと読みます。

植物の実を原料にした寒天のようなものなんです。だから、愛玉子(オーギョーチィ)自体には味がないんですね。

台湾の夜市では定番のスイーツのひとつなんです

愛玉子 オーギョーチィ

これ台湾の夜市ではいたるところで販売されているんですよ♪

台湾の屋台では、トッピングも選べて自分好みの味にできちゃうんです。台湾ではよく食べるポピュラーなスイーツなんでしょうね。

オーギョーチィは寒天みたいな食感でした!

愛玉子 オーギョーチィ

オーギョーチィ自体はまったく味がないという話は先ほどしましたよね。だから、シロップで甘みも足していただきます。こちらではレモンシロップをかけて食べるんですよ。

寒天のようなツルンとした食感がたまらないんですよね♪夏暑い時期に食べるとより美味しく食べられるような気がします。

ちなみに、お店の人の話によると…。愛玉子は腎臓に良いと言われているようですよ!!

谷中の街を散策しながらお茶してみてはいかがですか?

愛玉子 オーギョーチィと珈琲

創業当時から変わらないお店の風景が懐かしいと感じてしまいます。昭和の情緒というか…。日本人の誰もが懐かしいと思う雰囲気が残っているんです。

谷中の街を散策しながらふらっと立ち寄ったりするのもありですよね。もちろん暑いときや、疲れたときに立ち寄ってみるのもありだと思いますよ♪

オーギョーチィは、一度食べると癖になる味なのでお試しあれ。

愛玉子のメニュー

愛玉子 外観


オーギョーチィ ¥600
氷オーギョーチィ ¥700
チーアンミツ ¥700
チークリームアンミツ ¥800
コーヒー ¥600
ビール ¥900

店舗情報
愛玉子 オーギョーチィ
住所: 東京都台東区上野桜木2-11-8
地下鉄根津駅 徒歩10分
JR日暮里駅 徒歩9分
TEL: 03-3821-5375
営業時間: 10:00-18:00
休み:不定休
喫煙・禁煙: 全席喫煙可
スポンサードリンク