茶房 武蔵野文庫@吉祥寺

茶房 武蔵野文庫 カレーライス

僕が上京してきた頃、よく食べたカレーライスがあります。

吉祥寺にある『茶房 武蔵野文庫』さんです。

吉祥寺で30年以上続く老舗の喫茶店

茶房 武蔵野文庫 看板

仕事が終わった後の晩ごはんに、休みの日のランチに…。

いつもひとりでふらりと訪れて、帰る頃にはお腹いっぱいになっていました。

なおかつ、お腹の中はおいしいカレーライスを食べて満たされてしまうんですよね。

だから、今でもおいしいカレーライスが食べたいと思うと訪れてしまいます。

茶房 武蔵野文庫 看板

東急百貨店の裏側に、『茶房 武蔵野文庫』さんはあります。

お店の看板が見えるといつもウキウキしたような気分になります。

最近は人気が出てきてしまったので…。

行列ができていたり、売り切れごめんの張り紙がしてあることもあるんですよ。

昔と変わらない店内はいるだけで落ち着きます

茶房 武蔵野文庫 外観

久しぶりに吉祥寺にあるを訪れたのは、つい先日のことでした。

お店の外観も、いい感じに色褪せた店内も、なにもかもが昔と変わらず、そこにありました。

茶房 武蔵野文庫 店内

思わず、それだけでうれしくなりますね。

ご主人も、奥様もこれまた変わらずお元気そうで、訪れたこちらまで元気になってしまいます。

茶房 武蔵野文庫 店内

そうそう、変化したことがひとつだけありました。

それは店内が禁煙になっていたことです。

昔は全席喫煙可だったのですが、これだけは時代とともに変化したのでしょうね。

何度食べても飽きないどころかもっと食べたくなるカレーライス

茶房 武蔵野文庫 カレーライス

もちろん、武蔵野文庫さんに来たのですから、カレーライスをいただきましたよ。

カレーライスは一種類のみです。

ご店主さんがつくる特製のカレーはこちらです。

茶房 武蔵野文庫 カレーライス

写真からおいしさが伝わりますかね。

真っ黒なカレールーの中には、ニンジン、ジャガイモ、鶏肉の塊がゴロゴロと入っています。

大きな具材なのに、どれもスプーンで簡単に切ることができるのです。

茶房 武蔵野文庫 サラダ

カレーは独特の味なんですよね。辛味と渋味と酸味が混じっていると言えばいいのか…。

うまく言えないのですが、辛さとすっぱさと、ちょっとの苦味が絶妙に混ざったカレーは、とにかくおいしいのです。

単品でも頼むことはできますが、サラダとドリンクが付く、カレーセットが個人的にはオススメです。

茶房 武蔵野文庫 サラダと付け合わせ

そうそう、カレーといえば付け合わせですよね。

普段は実はそんなに付け合わせって盛らないのですが…。

ここに来ると、らっきょうも人参も高菜の漬け物もたくさん乗っけてしまいます。

苦いコーヒーもいいですが、季節限定スイーツもいいんです

茶房 武蔵野文庫 珈琲

また、武蔵野文庫さんのコーヒーがいいんですよね。

苦味の強い珈琲なのですが、これがまたカレーを食べた後に合うんですよね。

いつもはカレーセットしかオーダーしないので、カレーを食べた後にコーヒーを飲んで終わりです。

茶房 武蔵野文庫 焼きりんご

でも、実はずっと気になっていたものがあるんです。

それが、この焼きりんごなんですよ。

りんごが採れる時期の秋から冬にかけての期間限定のスイーツなんです。

茶房 武蔵野文庫 焼きりんご

時期はだいたい10月から2月中旬頃に提供されているようですね。

じっくり焼いたりんごは、とっても柔らかくなっているんですよ。

焼くことによって、甘味がじわーっと沁みでてくるんですよね。

茶房 武蔵野文庫 焼きりんご

すべて食べ終わった後は、すぐに腰を浮かすことができません。

しばらく、おいしさの余韻に浸ってしまいますね。

コーヒーを飲みながら、ひと休みして吉祥寺の街にでていきます。

また、ふとした瞬間にこのカレーライスが食べたいと思うのでしょうね。

そのときは、すぐに武蔵野文庫さんに伺おうと思います。

2016年9月追記
先日、お店の前を通りかかったところ扉に定休日変更のお知らせが貼っていました。月曜お休みから、月曜・火曜お休みに変更となっていますので注意してください。
茶房 武蔵野文庫 外観


カレーセット ¥1200 / 茶房サンド ¥700
焼きりんご ¥650 / こけもものゼリー ¥550

店舗情報
茶房 武蔵野文庫
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-4
JR・京王井の頭線吉祥寺駅 徒歩7分
TEL:0422-22-9107
営業時間: 9:30~22:00
休み:月〜火曜
喫煙・禁煙:全席禁煙
スポンサードリンク
茶房 武蔵野文庫 カレーライス