【閉店】カフェ ソスペーゾ caffe sospeso@浜松町・大門

カフェ ソスペーゾ カップチーノ
スポンサードリンク

「おいしいエスプレッソを飲んで欲しい」。

そんなご店主さんの想いが溢れるカフェがあります。

浜松町にある『カフェ ソスペーゾ』さんです。

浜松町から新橋に向かう、国道15号・第一京浜沿いにお店はあります。

浜松町にある本格的なエスプレッソが飲めるカフェ

カフェ ソスペーゾ カップチーノ

古くからある町だからなのか、周辺は昔ながらの喫茶店や定食屋、飲み屋さんが多いんです。

その中にあるソスペーゾさんは異彩を放っていますね。

例えて言うなら、ここだけイタリアなんですよね。

カフェ ソスペーゾ 外観

オーナーであり、ご店主である高木さんは、イタリアで飲んだエスプレッソに魅せられて、イタリアで4年間バリスタの修行をされたそうです。

日本に帰国して2016年3月に、ここ浜松町一丁目の交差点にカフェをオープンさせます。

カフェ ソスペーゾ 店内

ファサードからして格好いいんですよね。ダークブラウンの木材が貼られた外壁。

さりげなく置かれたターコイズブルーの爽やかな看板。

カフェ ソスペーゾ 店内

店内に入ると、まず真っ白な壁に目がいきます。

壁一面にイタリア語やイラストが描かれているんです。

いろんな作風が混じっているのに、これが実にオシャレなんですよね。

カフェ ソスペーゾ エスプレッソ

さて、まずは駆けつけの一杯。エスプレッソをいただきました。

普段、エスプレッソ飲まないので飲み方すらわかっていなかったのですが、砂糖をたっぷり入れて飲むんですね。

熱々のエスプレッソに砂糖を一気に入れてかき回していただきます。

口に入れた瞬間、知らない味が飛び込んできてビックリしてしまいました。

自家製パンで食べるパニーノは絶品です

カフェ ソスペーゾ エスプレッソとパニーノ

香ばしくて、深みがある味わいでとにかくおいしいんです。

例えて言うなら、苦味の強いチョコレートを飲んでいる感じですね。

あぁ、でもホットチョコレートではないんですよね。

これは是非一度足を運んで飲んで欲しいです。

カフェ ソスペーゾ パニーノ

次にパニーニもいただきました。

正確にはひとつなのでパニーノ(単数形)と言うみたいですね。

このパニーノも、今まで食べたことのない味だったんですよね。

カフェ ソスペーゾ パニーノ

生ハム、レタス、トマトを自家製のパンにはさんでいただきます。

シンプルなサンドイッチですごく食べやすいんです。

そして、はたと気づきます。あっ、チーズが入っていない。

カフェ ソスペーゾ カップチーノ

女性でも食べやすいようにあっさり風味に仕上げているみたいです。

トッピングでチーズを入れることができるみたいなので、次回試してみたいですね。

イタリア・ナポリのコーヒー豆、カップを使っていて、本場イタリアのエスプレッソが楽しむことができます。

イタリアン・バールは、昼と夜の顔が違うみたいなので…。

今度はゆっくり夜に伺ってみたいですね。

2018年6月追記
2018年3月29日をもって閉店となっています。おいしいエスプレッソが飲めるステキなカフェでした。

カフェ ソスペーゾ 外観
カッフェ(エスプレッソ)¥200 / パニーノ ¥450
カップチーノ ¥380 / カッフェ マッキアート ¥280

 

Cafe Map
住所:東京都港区浜松町1-1-10
地下鉄大門駅 徒歩5分
JR浜松町駅 徒歩8分
TEL:非公開
営業時間: 9:00~15:00
      17:00~22:00
休み:土・日・祝日
喫煙・禁煙:全席喫煙可

 

スポンサードリンク
カフェ ソスペーゾ カップチーノ